魚が来るどー   

2010年 03月 13日

生魚はそんなに好きではないモシモシです。
みなさんお元気ですか?

お魚は好きなのですが生ものがあまり好きではありません。
お刺身食べたーいとか、お寿司食べたーいと世界の中心で叫んだ事は
まだ人生で一度もありません。

叫ぶのは決まってジャンカの方です!?
ジャンカだけでなく、イタリア人特に南イタリアの人は
普通に生魚を食べるので
あまりお刺身やお寿司に抵抗がないみたいです。

イタリアではレモンをかけて生魚を食べたりします。
これがまた私はあまり好きではありません。

そんな私はレストランで「前菜に生のお魚を食べるかい」
(いや日本人は食べるんだろう?)といういわば脅迫!?と言う名の
ウェイターのお誘いをバッサリと切り、「生は食べません」と言います。
はっきり言います。
「すーし、すーし」と言われても、「いや、寿司じゃないし」
と無視します。

今回はコロッセオの近くにある友人お勧めの
魚料理のレストランのお話です。
お勧めのレストランでもいつも通り、生はお断りしました。

が・・・・

でてきてびっくりめちゃくちゃおいしそうなのです!!
たとえば上が生のマグロ、下はポテトでできている
まるでケーキのようなものがでてきたかと思えば、
カルパッチョもなんだかいつもとは違う感じなのです。

結局生魚を頼まなかった私が生魚を頼んだ友人よりも
多く食べてしまいました!!

ここはとにかく前菜がお勧め。イカの中につめものをして
トマトソースで煮込んだものやホタテのグラタン風のものや
6,7種類が大皿でどんどんでてきます。

もうパスタにたどり着く頃にはおなかいっぱい。

魚料理と言ってもローマではグリルだけ、蒸しただけ、焼いただけ、
の「だけ料理」が多い中、久々に大満足の夜でした。

店頭にある魚たちも動いている新鮮なもの。
更には見たこともないものたくさんありました。
例えば、「海のレモン」というまるでウニの針がないようなものも
ありました。(海のレモンご存知の方情報お待ちしております)

最近あまりおいしいレストランに巡り合えてなかったので
久々に大興奮しレストランの中心で
「おいしー」と叫んでしまいました。

b0076931_8471484.gif


Il tempio di Iside
Via pietro verri 11
Tel 067004741
[PR]

by outofservice | 2010-03-13 08:39 | ローマで食べること

<< スリらー パリっとしたクロワッサン >>