「ほっ」と。キャンペーン

喧嘩の原因   

2007年 03月 11日

ただいまジャンカと喧嘩中のモシモシです。みなさんお元気ですか?

喧嘩の原因はいつもくだらないけれど、私達の本当の奥底にある分かり合えない部分は育ってきた環境の違いだと思います。

私には兄弟が二人います。ジャンカルロは一人っ子です。

違いその1. 一人っ子は一人でいるのが基本なので、誰かと一緒にいる事がストレスになります。兄弟がいる人は誰かがいつも一緒にいるのが基本なので、それはたいしてストレスにはなりません。
違いその2. さらに一人っ子は人と物をシェアするのが得意ではありません。なぜならいつも彼一人のものだからです。兄弟がいる人はお菓子だっておもちゃだっていつも誰かとシェアして育ってきているので、シェアするのがそれほど苦ではありません。

その他にも違いはありますが、そういう基本中の基本が違います。小さな事で喧嘩になってしまうのは、自分が普通だと思っている事が相手の中で全くもって異常に映ってしまうからだと思います。もちろんイタリアと日本という違いもあるけれど、それ以上に私達は育ってきた環境の違いが大きいなあ、といつもひしひしと感じています。

ま、そんなこんなで憂さ晴らしに、友達と映画に行ってきました。
「硫黄島からの手紙」
内容についてはあまりふれませんが、私は戦争は(喧嘩も一緒)相手を認めない、というのが原因だと思っています。みんな違うのに、それは素晴らしい事なのに、時にストレスになります。前にも書いたとおり、普通だと思ってる事が相手にとっては普通ではない、それもストレスです。相手を、その違いをリスペクトすれば、戦争も(喧嘩もですね、はい)起きないはずなのになあ。と思いました。

あまりにも小さい映画館でガラガラだったのにもかかわらず、前の方に座ってしまって少し酔ってしまったけれど、全てを日本語で、イタリア語の吹き替えなしで見れた事に感動でした。(イタリアでの映画はほぼイタリア語に吹き替えです)

みなさんもう見ましたか?
b0076931_20404624.gif

[PR]

by outofservice | 2007-03-11 20:31 | モシモシとジャンカのこと

<< ニーハオ マー たまにはね... >>