憧れのパリ   

2007年 05月 02日

お久しぶりです、モシモシです。みなさんお元気ですか?

実は私パリに遊びにいっていました。パリ、憧れのパリ

何度も行こうとしたけれど、いつもキャンセルになり、
「パリが私を呼んでない」なんていっていたけれど、つっついに...夢がかないました。

パリは都会ですね。着いたとき銀座か?と思ってしまいました。

街を歩く人もなんだかおしゃれで、ローマがなんて田舎なんだ!と感じてしまった。
ローマにはないデパート。私、モシモシは大興奮!!
普段ローマで滅多に買い物をしないモシモシもここぞとばかりに買い物をしました。

パリの街で何が一番感動したか、って車のマナーの良さです。
赤信号でも平気で道を渡る人々。あんな事ローマでしてしまったら、クラクションの嵐です。
もしかしたらついでに運転者に怒鳴られるかもしれません。
それなのにパリのお方?達はちゃんと止まって待っている。
歩行者の信号が赤なのにもかかわらずですよ!!

一度クラクションを鳴らす車がいたら、歩行者の人が怒ってました
「なんて乱暴な車なの!!」って。(いやいや赤ですから...)

ローマに来る際には車にお気をつけください。
ローマでは赤でも渡って許されるのは車の方です!!

食べ物もおいしい。なんてったって、なんでもソースがついてくるんです!!
なんでもかんでも塩コショウのみの味付けのイタリア料理とは違い、
サラダでも、ステーキでも、なーんでもソースがついてるんです。(そこに感動)
ドルチェもこれまたおいしい。イタリア人はフランス料理は重い!なんて言うけれど、
たまに食べるフランス料理は最高においしく感じました。

ついでにおいしい日本食も食べて、ブックオフを見て、また涙する私です。
「パリには何でもある」って思った私は無い物ねだりでしょうか??

とにもかくにも楽しいパリ旅行でした。

お留守番のジャンカにはマカロンを買ってきました。
「重っ!!」

マカロンのどこが重いのか私には全く分かりませんが、
「重い。だからフランスのお菓子は嫌いなんだ」
と言いながら既に半分以上食べ終わるジャンカ。

ちなみにそんな彼、運転は荒いけれど、クラクションは鳴らさない、
というよく分からないプライドを持っているシューマッハ気取り!?のイタリア男です。

b0076931_19543634.gif

b0076931_6411112.jpg

[PR]

by outofservice | 2007-05-02 20:07 | モシモシとジャンカのこと

<< 二人で一つ 喉の渇いた時には >>