メイド・イン・ジャパン!?   

2007年 05月 20日

またもや飲みすぎモシモシです。みなさんお元気ですか?

ついつい飲みすぎてしまいます。でも最近は酔うとロレツが回らなくなり、ジャンカに
「何言ってるかわからない」と怒られます。
酔うとついつい英語やイタリア語を話すのが面倒になり、日本語で話してしまうので、
ロレツどうこうよりも、ジャンカが理解できるわけないのですが。

さて今日は久々の日本食を食べてきました。
その名もYASAI RAMEN(野菜ラーメン)

このお店はテルミニ駅の地下にあるW.O.Kというお店ですが、
ここはアジア料理をだすカフェってな感じで、
ここローマではとってもめずらしい新しい存在なのです。できたのは2年前位かな?

が...

私は一度ここで痛い目にあっているのです。
それはNASI GORENG(ナシゴレン)を注文した時の事です。

みなさんナシゴレンはご存知ですか?
簡単に言うとインドネシアの料理で、目玉焼きののっかっている炒飯です。
でもこの炒飯がただの炒飯ではなく、複雑な味がして、
しかもその上にのっかっている目玉焼きとのコンビネーションがバツグンなのです。

私このナシゴレンが食べたくて2度もバリを訪れています。
なのでこのお店でナシゴレンを見つけた時にはウキウキでした。
今思ってもあの時あんなにはしゃいでいた自分がミジメでかわいそうでなりません。

とにかく、あのN.Yの中華のテイクアウトのような
しゃれた紙ボックス(この例え理解していただけますか?)
をレジで受け取った時の私はこれでもか!ってほど笑顔でした。

が...

「なんじゃこりゃー」
ホントマツダユウサクもビックリのナシゴレン。
だって炒飯は本場の複雑な味がだせなくても、せめて目玉焼きはのせるでしょ!!
ところが実際はよくわからない炒飯らしきものだけがそこに。ある意味複雑
具は卵(そこに入れるんかい!)と野菜、そして海草らしきもの。ヒジキかな...?
そしてしょうゆ味。もうこうなったら炒飯かどうかもさだかではありません。
とにかくもう二度と来るか!と誓った私でした。

が...

そこのラーメンがおいしいらしいと聞いて、
お酒の飲んだ後には、ラーメンでしょ!!(懲りない私です)と行ってきた結果、
そのラーメン、汁がないんです!!
いうならヤキソバ。でもYAKISOBA(ヤキソバ)というメニューもあるんですよ。
「何が違うの?」って店員に聞いたら「ソースが違う」って言うんですよ!!
ラーメンにソースは必要ないでしょ!!
こんなラーメンが日本のものと思われては困る!!

その他にもTORIYOI(とりよい??)とか明らかに日本風だけど
意味不明なものやODORAKE(おどらけ?)というもうどこの国の、
何なのかさえ意味不明なものがたくさんあります。

ここをお勧めするわけではありませんが、
そういう変わったもの!?も旅の醍醐味と思う方にお勧めです
b0076931_758271.gif

[PR]

by outofservice | 2007-05-20 07:59 | イタリアのこと

<< 日本人味 ちゃお・ちゃお・バンビーニ >>