SUSHI   

2007年 05月 30日

実はそんなにお寿司が好きではないモシモシです。みなさんお元気ですか?
何を隠そう私のお寿司デビューは20歳の時です!!
今でこそなんでも食べますが、子供の頃は「今日はお寿司よ」と言われると
大半の子供が「やったー」と喜ぶところを私は一人泣いていました。

そんな私ですが今日はスペイン広場の近くにある濱清という
ローマの老舗日本食レストランに行ってきました。
ここはむかーしに一度だけ行った事があるのですが、なにしろお値段が...
なので一度きりになっていたのですが、ランチは15ユーロと聞いて早速行ってきました。
(前回はディナーに行きました。)
ジャンカはお刺身定食。私はお寿司定食。
一人15ユーロ。二人で30ユーロ。(当たり前か)

今ローマで普通にパスタを食べて、飲み物を頼んだら
1人15ユーロなんてあっという間です。

「15ユーロだなんて刺身3切れとかじゃないの?」というジャンカも大満足のボリューム。

「そばしかない」って言われてるのに「うどんはないのか?」としつこく聞いたり、
おしょうゆをべったりとお寿司につける隣のイタリア人に説教したりと
色々とはしゃいでおりました、彼。

「お寿司にはちょっとの醤油で魚の味を楽しむんだよ」
とか分かったような事をいう嫌なイタリア人。ジャンカルロ。

しかも隣のイタリア人があまりにも感心するもんだから調子にのって
「僕はワサビがだいすきなんだ。ワサビは舌の先で味わうとすごい辛いけど、
奥のほうで食べると辛くないよ」

とパクッとワサビの塊を食べて、その後むせてました。

はっはずかしい...

しかもその隣のイタリア人が「君は日本人なの?」と私に聞いてきたのに
「いえ、僕の妻は中国人です」とか嘘までついて、もう何がしたいのかわかりません。
とにかく久々のお寿司やお刺身に浮かれてしまったのでしょうね。

イタリア料理に疲れてしまった時には、日本食もお勧めです。
b0076931_8201848.gif


Hamasei
Via della Mercede35/36
Tel 06 6792134
[PR]

by outofservice | 2007-05-30 08:12 | ローマで食べること

<< ピカ ピカ ピカンテ エスターテ >>