てんどんやわんこそば   

2008年 06月 23日

なんだか毎日忙しくしているモシモシです。
みなさんお元気ですか?

さて前回お知らせしたとおり、事件のお話です。
姉さん、すごい事件です!!

それは先週の金曜日。
13日の金曜日!の出来事です。

友達と楽しく夕食をしていたら1本の電話が入りました。

知らない番号からでした。
出てみると、知らない人からで、しかも何を言っているかよく分からない。
ただひとつ分かったことはジャンカルロという名前です。

「私は今ジャンカと一緒にいないので、ジャンカの携帯に電話して」
と今思えば私はトンチンカンな返事をしています。

そして「待って、彼と変わるから」
と言い「あなーんだジャンかと一緒なのか」と思ったら
ジャンカの声で「事故にあった」
「事故!!」

その時点で自分の血の気がひけるのがわかりました。
そして急遽夕食を中断し、緊急病院に走りました。
病院につくと見覚えのあるジャンカのヘルメット。
そしてジムのかばんが転がっています。

ただ当のジャンカに会うことはできません。
ただひたすら待つだけ。

そして何分待ったでしょうか。
やっとジャンカガ緊急治療の部屋からでてきました。

部屋から出てきた彼はジャンカが痛みで震え、叫んでいました。
私はオロオロするばかりで何もできません。
そしてオロオロしている間に彼は検査の部屋に行ってしまいました。

検査をする部屋からも痛みの為か彼のうめき声が聞こえてきます。

一緒に来てくれた友達が看護婦に色々聞いてくれたりしてくれました。
ジャンカはジムの帰りにバイクでユータンしてきた車と衝突したらしいです。
車と衝突し、そのままジャンカは飛び、彼の足の上に彼のバイクが倒れたとの事です。

そしてまた待つこと数十分。
検査の部屋から出てきたジャンかは痛み止めがきいたのか、
震えもおさまり、話ができる状態になっていました。

「大丈夫?」
「大丈夫じゃない。おなかすいた。ピザ食べたい!」

「えー。それー。一番に私に伝えることそれなのー。」
それでも彼と話ができることがうれしかったです。
足の骨を折っても、もし何かが少しでも間違っていたら
命さえ落としていたかもしれません。
本当に不幸中の幸いな事がたくさんありました。
もちろん事故にあってしまった事は幸せな事ではないけれど、
それでも良かったと思ってしまいました。

その後友達に頼み、ピザを買いに行ってもらい彼はおいしくピザを食べましたとさ。

そんなわけでただいま彼入院中です。
私も一人てんやわんや頑張っております
b0076931_5154532.gif

[PR]

by outofservice | 2008-06-23 05:11 | モシモシとジャンカのこと

<< 丑三つ時・・・ そー面倒なのー >>