カテゴリ:おみやげのこと( 7 )   

スイカと天ぷら   

2008年 07月 30日

パスタを食べる時は必ずワイン、のモシモシです。
みなさんお元気ですか?

やはり食べ物と飲み物の関係って大事ですよね。
例えばおむすびには麦茶、駄菓子にはチェリオ(知ってますか?)
もちろん好みはあるけれど、やっぱりその土地土地の食べ物は
その土地の飲み物に合っています。

新潟の刺身には日本酒だし、九州の刺身には焼酎が合います。
水がやっぱり違いますもんね。

なので私はパスタの時は間違いなくワインです。
ま、なにがなくてもワインですけどね!?

駄菓子のあの味にエスプレッソと一緒に飲みたい!
なんて人はまれだと思います。
やっぱりそんな時はチェリオで舌を赤や緑にさせながら食べるのが最高です。

今日紹介するのはスペイン広場の近くのパスタ屋さんです。
パスタ屋といってもレストランではなく、パスタだけを売っているお土産やさんです。
ここでは色々なパスタが買えます。形のおもしろいものだったり、
トマトやバジルが練りこんであるカラフルなものだったり。
そしてそれぞれの地方のパスタもそろえてあります。
プーリア州のものだったり、カンパーニャ州のものだったり。

そこでワインが練りこんであるパスタを発見しました。
色もまさしくボルドー色。しかも銘柄まで指定
バローロ!!なんてパスタもありました。

ワインとパスタが合うからってさすがにそれはどうなんでしょ!

酸っぱそー。

お土産を選ぶのに楽しそうなお店です。

ちなみにホームページではパスタソースのレシピがたくさんあり、
それに合ったパスタも紹介してくれます。
オンラインでも買え、日本までも配送してくれるみたいです。
b0076931_7142183.gif


Pastateca
Via della vite 44/45
Tel 0645491431
www.pasttateca.it
[PR]

by outofservice | 2008-07-30 07:12 | おみやげのこと

デリケートという名のやっかいもの   

2008年 05月 31日

肌の弱いモシモシです。みなさんお元気ですか?

私は本当に肌が弱く、何かの変化があると
(それは化粧品だったり、環境だったりするのですが)
必ず肌にでます。

それは日本よりもイタリアだと更に強くでる部分と、
逆にイタリアの方が具合がいい部分があったりするのでやっかいです。

イタリアの乾燥した空気や、強い日差し、硬質の水、どれをとっても
肌にいいとは思えないのですが、色々と私の肌も
私同様に!?繊細・複雑のようです。

そんな私に日本の友達がお勧めしてくれたのが
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の石鹸だったり、クリームだったのです。

なんで日本の友達にイタリアにいる私がイタリアの物を薦められてるんだろう??
と思いながらも素直にサンタ・マリア・ノベッラ薬局へ。

ここは説明するまでもないほど有名店ですが
ちなみにサンタ・マリア・ノベッラ薬局とは
フィレンツェにあるサンタ・マリア・ノベッラ教会付属の薬局
天然素材のみを使った石鹸・香水などが有名で、
フィレンツェのほうにはハーブティーも
数多くあります。日本のおみやげにも人気で
たくさん買って行かれる方をよく見ます。
(日本にも支店があるようです)

ローマ支店はフィレンツェの本店のあの雰囲気はなく
こじんまりとしたお店です。
日本語のリストもあり、しかも私が行った時には人も少なく
ゆっくり選ぶ事ができました
フィレンツェの本店では「ここはセール会場か!」と思わせるほどの
人だったので、本当に同じ店か何度も確認したほどです。

そしてじっくりじっくり吟味し、私が選んだ商品はシャンプーです!?
石鹸やクリームを薦められ、シャンプーを買う私・・・
私は肌同様に!?繊細・複雑のようです。

おみやげを買い忘れた時には日本でも有名なここに
ぜひ行ってみて下さい

Officina profumo farmaceutica di Santa maria novella
Corso del Rinascimento 47
Tel 066872446

b0076931_15151583.gif

[PR]

by outofservice | 2008-05-31 15:15 | おみやげのこと

コーシー   

2007年 12月 01日

イタリアでコーヒーに砂糖を入れる事を覚えたモシモシです。
みなさんお元気ですか?

みなさんはコーヒーに砂糖を入れますか?
私は結構入れます。というよりかなり入れます。

日本にいる頃はコーヒーに(特にホット)砂糖を入れることは
ほとんどありませんでした。
アイスコーヒーにガムシロップを入れる事はあっても、
ブレンドコーヒーには砂糖を入れなかったし、砂糖を入れるなんて、
子供かうちのおばあちゃん位だろう、と思っていました!?

ところがイタリアに来てカッフェという名のコーヒー?はとても苦いのです。
砂糖なしでなんて飲めたものではありません。
そして砂糖を入れるとそのコーヒーの濃さがもっと濃くなるような。
苦味が消え濃くなるような気が私はします。
砂糖なしのコーヒーなんて...なーんてイタリア人のような発言を
してしまいます。

今日はお勧めのカッフェを紹介します。
と言ってもあまりにも有名な店ですが。
パンテオンの裏にあるカッフェ。
その名もSant'Eustachio
ここのコーヒーはナポリのコーヒーのようにおいしい!!
苦くて深い味わいなのです。
そして言わなくても砂糖を入れてから出してくれます。
企業秘密なのか、コーヒーを入れてる姿は隠されています。
どうやってあの深い味をだしているのか見ようと、覗き込んでいたら
バリスタ(コーヒーを入れている人)のおじさんに無言で睨まれました。
ごめんなさい、お行儀悪いですね。

一度だけ砂糖なしで飲んだらクラクラするような濃さ
(頼めば砂糖なしにしてくれます)
ここではぜひ砂糖を入れて飲んで欲しいです。

そしてここにはコーヒーの豆をチョコレートでコーティングしたお菓子をはじめ
コーヒーリキュールの入ったチョコレートボンボンがあったり
お土産にお勧めのお菓子がたくさんあります。

パンテオンに行った帰りに寄ってみてくださいね。
b0076931_90538.gif


Sant'Eustachio
Piazza Sant'Eustachio 82
Tel 0668802048
[PR]

by outofservice | 2007-12-01 08:57 | おみやげのこと

写真集の中の素敵なビーチ   

2007年 07月 24日

私だってバカンスに行きたい!モシモシです。みなさんお元気ですか?
8月といえば、ここイタリアではみんなここぞとばかりにバカンスに行きます。
別に8月にみんながみんな行かなくてもいいじゃん、6月や7月でもいいじゃん、
と思うけど、日本も夏休みといえば8月ですもんね。
なんでみんな8月が好きなんでしょう?(大きなお世話かしら?)

「ねー私も8月にバカンスに行きたい」
思いきってジャンカに言ってみました。
...完璧無視
「ねー、1週間、いや3日でもいいからー。どこか行こうよー」
かなりしつこく言ってみる、私。
「暑いの好き、って言ってたじゃん。
ローマは十分すぎるほど暑いんだから、幸せなはずでしょ」

た、たしかに。ローマは暑い。アスファルトが溶け出しそうなほど暑い。
ひっ避暑に行きたい、なんて言えなかった私。
ということで今年の夏はバカンスなし、という事になりそうです。元々なかったけど...

本当にローマは暑く、これからローマに来られる方は日射病に要注意です。
久々に街をウロウロしていると私も軽くクラッときてしまいました。
そんな時のお助けグッズではないですが、
今日はこんなに暑いローマで涼む場所を紹介します。
しかもここイタリアではめずらしく、クーラーが寒いほどきいています。

しかも本なんかも読めちゃいます。

だって...ここ本屋なんだもん...

日本にも最近はあるのかな、立ち読みどころか座り読みできる店?
図書館?いえいえ、本屋です。
お気に召したら購入くださいませ。と太っ腹な本屋。
ここイタリアだけでなく、ヨーロッパにはどこでも見かけるような気がします。
座り読みのできる店。イギリスではほとんどの本屋がこんな感じです。
そんなのがあれば、誰も本を買わないんじゃないかな?と思うのは私だけでしょうか?

子供のコーナーには更に子供が寝っころがりながら読めるスペースもあります。
いーな、いーな。私も寝っころがりながら素敵な写真集とか読みたいなー、
と思いながら、必死に我慢しました!?

大人には座りごこちの良いソファーがあり、ここは涼むには最高の場所です!?

しかもここにはカフェが併設されていて、購入前の本を読みながら、
コーヒーが飲めちゃうのです。汚しちゃったりしたらどうしよう?と不安になり、
私はまだ一度もコーヒーは飲んだ事ありませんが、
こっちの人は平気で飲んでいます(当たり前か、カフェだし)
このカフェにもまた素敵なソファーがおいてあったりします。
本当にゆったりとくつろげます。
でも寝たりしたらだめですよ、すぐに従業員に注意されますから。
わっわたしじゃないですよ、注意されてる人を見たのです!!

ぜひ暑くなった時はここに涼みに行ってくださいね。本を買いに行ってくださいね。

おみやげにイタリアの絵本や写真集を買って帰られる方もいます。
日本の絵本とはまた違ったイタリアのカラフルな絵本はいかがでしょうか?

b0076931_23472846.gif

la Feltrinelli
Largo di Torre Argentina 7/10
Tel 06 68663001
[PR]

by outofservice | 2007-07-24 23:43 | おみやげのこと

信じるものは   

2007年 07月 10日

ジャンカにゴミ扱いされたモシモシです。みなさんお元気ですか?
「ちょっと悪いけどゴミ捨ててきてくれない?」と彼に頼むと「はーい」と言いながら、
私を抱きかかえるジャンカ。最初は意味が分からず、キャッキャと笑う私
???...
「ちょっとー!!妻をゴミ扱いするとは何事??」
彼は一人で大爆笑。

イタリア男のイメージはもっと
スィートでいつも愛の言葉をささやくラテン男!?ですよね??
それが現実はゴミですよ、ゴミ!!

さらには最近ではスーパーで日本人観光客をみかけると
タンゴ??みたいなものを踊るジャンカ。
「ねーねー何してるの?」
(実際はそんな質問さえしたくない私)
「いやー、ラテンの男の情熱的な所をみせようと思って」
苦笑して去っていく日本人の方々。
彼が薔薇をくわえる日もそう遠くないかも。その前に逮捕されませんよーに。

さて、そんなジャンカのくだらない話はさておき、今日は第3弾イタリアお土産情報です。

私はまだここで買い物はした事がないのですが、
友達にお勧めされて調査に行って参りました

「日本で手に入らないもの」という点では合格だと思います。
そして自然食品などに興味がある方もぜひぜひ。

どうやらここはイタリアの至るところの教会で売っているものを
集めているお店のようです。
教会で売っているものといっても、ポストカードや宗教グッズではなく、
修道僧たちが作った手作りの品々です。

教会の修道僧達がつくる物で有名なものはフィレンツェの
サンタマリアノッヴェッラ薬局の石鹸や、オイルでしょうか?
でも薬や石鹸だけだけじゃないんです。
サンタマリアノッヴェッラ薬局だけじゃないんです。

それぞれ各地の修道僧達はハチミツ・ジャム・チョコレート・
石鹸・オリーブオイルなどなんでも作っているらしいです。

なんで修道僧はこうやって色々なものを作るんだろう?
という疑問は残りますが、そんな事よりも
利益を目的として作っているわけではないので
全てが無農薬だったり、手間隙かけて作ったものらしいです。

しかもこれはおみやげ用に作ったのかしら?という位、
ラベルなどもシンプルだけど美しく、
量もちょうど良い大きさ物がたくさんあります。

お店の人に予算を言えば、詰め合わせなんかも作ってくれます。

とにかく教会で作ってるものだから悪いものは入ってないという
あまりにもいいかげんで勝手な解釈ですが、
近くに行かれた場合はちょっと覗いてみてくださいね。
またもやサンタマリアマッジョーレのあのケバブ屋と同じ通りです。
 
b0076931_8545529.gif
この修道院で作ったものといえば私は思い出すのが北海道のバター飴
これもどこかの教会のものだった気がします。みなさんご存知ですか?

DISPENSA DEGLISCALZI

Via Merulana 254
Tel 06 4820352
[PR]

by outofservice | 2007-07-10 08:55 | おみやげのこと

たかがうどん、されどうどん   

2007年 06月 24日

そばとうどんでは断然うどん派のモシモシです。みなさんお元気ですか?
私は生まれが西の方なので、小さい頃はうどんばかり食べていました。
そばは年に一度、年越しそばのみでした。
そんな私も東京に出てそばのおいしさを知ったのです。
それでもやっぱり原点はUDONになってしまうのです。

そんな私とジャンカはつい最近赤いきつねを二人で一つ分けながら食べていました。
そうです、まさに一杯のかけそば(古)状態です。
最初は仲良く食べていた私たちですが、残りが少なくなってくると
だんだん本性を現し始めました。
あの時はジャンカがきっかけでした
「ねーちょっとアゲ食べすぎじゃない?ぼくほとんど食べてないよ」
最初は私も「あらそうかしら?」位で我慢してたのに、
「だいたいさ汁も飲みすぎだよ、もう汁ないじゃん」
の一言で私もブチキレ
「ジャンカがうどんばっかり食べるから私は何も食べるもんがないんだよ。
うどんがメインなのに!!」

もう醜い、醜すぎる争いです。
「だいたいさ、うどんは日本のものなんだから私のものじゃん。
ジャンカはパスタでも食べてろってゆーの」

「僕がどれ位うどんを好きかは君が一番知ってるじゃん!!
パスタよりもうどんの方が好きだし」 

「っていうか私の方がジャンカよりうどん好きだし」
そんなどうしうようもない、でも本人たちにはかなり本気の争いの中
コンコンとドアがノックされました。
あっ...

まさかとは思っていたけど、まさに私の想像通り。その通り。
泊まっていた日本人のWさんでした。

 「すっすみません、うるさかったですか」

「お、お二人ともうどんがお好きなんですね」

.........(穴があったら入りたい)

Wさんは苦笑いでした。

争いはいつだって醜いけど、食べ物の争いは尚更人に聞かせるものではありませんね。
失礼しました。

さて本題です。そんなWさんにお勧めしたお土産屋第2弾です。
ここはオペラ座の近くにあり、エノテカ兼、バー兼、お土産屋さんです。
ここのお勧めはチョコレートです。
黄色っぽい包み紙のLa Perlaという会社のものが私は大好きです。
スーパーではまず売ってないチョコレート。
トリュフのような柔らかいチョコレートの中にナッツがどっさり入っています。
そのほかにも同じシリーズで、そのチョコレートをクッキーの間にはさんだもの
Baci di Damaなんていうのもあります。
1個ずつバラで売っているので、そちらで味を確かめてから、
パックされているものを買うことをお勧めします。

ENOTECA GOFFREDO CHIRRA
Via Torino 132/133
Tel 06485659
[PR]

by OUTOFSERVICE | 2007-06-24 18:33 | おみやげのこと

こげパンマン   

2007年 06月 14日

昨日海に行ってきたモシモシです。みなさんお元気ですか?
まだ泳ぐにはちょっと寒いけど、私達はタコと戯れてきました。
海でタコ?蛸?
実は凧揚げをしてきました。
普通凧揚げはなんとなく平和なイメージですよね?

ところがこのタコ激しいのです。ビュンビュン、とっても暴れん坊なんです。
AQUILONEって書いてあったんだけど、これ本当に凧なのかなぁ...

この凧には糸が2本ついています。普通1本ですよね。
そして普通の凧の2倍くらいの大きさ。
日本でも子供達はこういうのをっていうのかな...
私の子供の頃とは大違い。ジャンカ曰く「大人用凧」

そんなのあるのかなー。
しかしいつもビーチで寝るだけの私達が二人で大盛り上がり。
さすがジャンカはコントロールするのがウマイ。
私も子供の頃兄弟達と凧揚げをしていたので、得意!位に思ってたけれど、
これが以外に難しい。
そんなこんなでビーチにいたらこんがりこげてました、私。こげパンマン

凧の話はさておき、最近こげパンマンは売ってないけれど!?
おしゃれなパン屋さんを見つけました。
焼き菓子が素敵な感じに焼き上がり、しかも素敵な感じにディスプレイされてます。
(ローマではかなり珍しい)
しかもパン屋なのに、おみやげになりそーなものもたくさん置いてあります。
スパイスだったり、ジャムだったり...
もちろん焼き菓子の詰め合わせも良さそうですよ。

私は最近お勧めイタリアのおみやげについてよく聞かれます。

日本ってなんでも売っていますよね。
しかも時々イタリアの物なのにイタリアよりも安く!?
なのでお勧めのおみやげを聞かれても困るのです。

ローマ探検隊としてはこれではいけないと、
最近はお勧めおみやげを探しに街にでています。
日本になさそーで、高くなく、喜ばれそーなもの。あるかな、そんなもの??

オリジナルブランドというか、スーパーで売ってないものなら
日本には絶対おいてないだろー。ということで日本にないという点ではクリアかな?

ここはパン屋としてというよりもお土産やとしておすすめです。
ラベルもカワイイですよ。

サンタマリアマッジョーレの近くです。例のケバブ屋さんと同じ通りです。

b0076931_7585470.gif


PANELLA L'ARTE DEL PANE
Via Merulana 54/55
Tel 064872344
[PR]

by outofservice | 2007-06-14 18:03 | おみやげのこと