<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

イタリアにはエスプレッソはありません   

2007年 03月 29日

実は元紅茶屋に勤めていたモシモシです。みなさんお元気ですか?
でもイタリアではめっきりコーヒー派です。イタリアのエスプレッソは本当においしい。
水の違いもあると思いますが、日本とは違う濃く強い香りと味が楽しめます。

そんなイタリアで私達Diocleziano B&Bでは、インスタントコーヒーを出していました!!(恥)
というのも我がB&Bでは朝ごはんはセルフサービスです。
24時間お好きな時にどうぞ(つまり24時間朝ごはんが食べれるという事です!?)
という形をとっているので、
ホテルのようにカプチーノをだしたり出来ない!!というのが正直な所でした。
しかもイタリアにはいたるところにBARがあり、
おいしいコーヒーはそちらでどうぞ!!とも思っていましたし...
ま、言い訳はここら辺で終わりにします。
実は私達もどうにかしたいと思っていました!!

そしてつ、ついに買っちゃいました、カフェマシーンを!!今年に入って
「カフェマシーンを置こう!」と決めていた私達ですが、
ジャンカのこだわりがいつものごとく激しく、購入までに約3ヶ月もの時間を費やしました!!
(いやー長く険しい道のりでした)

イタリアは日本以上にカフェマシーンの種類が豊富です。値段も様々。
毎日のように(決しておおげさではありません)電気屋に見に行くジャンカは、
本当は買う気がないんじゃないか?という程毎回文句をつけ、
あーだーこーだと感心するほど色々言い、
仕舞いには僕はインスタントコーヒーが一番おいしいと思うとまで言っていたので、
さすがの私も最近は諦めていました。
確かにほとんどのマシーンは毎回コーヒー豆を自分で入れて、水を入れて...と面倒な事が多いのです。しかもその後の処理はどうするんだ、とか、水がなくなったら?など問題は多し。

どうせ置くなら「お好きな時にどうぞ!」と言いたい私達にとって、
入れるのも処理も面倒だと困るのです。

しかしとうとうジャンカはやり遂げたのです!!(カフェマシンを買っただけ)
とにかく豆を挽くところから、全てボタン一つでやってくれるでかしたマシーンを
購入しました!!

ここ数日で何杯のコーヒーを飲んだか分かりません...
まだ新しいのでなかなか思った味がでませんが、それでもなかなかのものです。
カプチーノも自分で作っておいしく飲めます!!

ぜひぜひDiocleziano B&Bにカプチーノを飲みにきてくださいね!!
b0076931_17512481.gif


ちなみに日本でいう「エスプレッソ」はイタリアでは「カフェ」と呼びます。
「エスプレッソ」という言葉はアメリカで作られた言葉らしいですね。
アメリカで「カフェ」と言えば、「アメリカンコーヒー」の事。
ちなみにイタリアでは「アメリカンコーヒー」は「アメリカーノ」と呼ばれています。
ところ変われば呼び名も様々ですね
[PR]

by outofservice | 2007-03-29 17:45 | 私達にできること

シンプル・イズ・ベスト   

2007年 03月 24日

昨日飲みすぎたモシモシです。みなさんお元気ですか?

いやー久々に飲みました。私の友達の彼が飲兵衛で、彼と飲むと必ず飲みすぎます。
だって彼お酒をどんどんついでくれるんだもん。(人のせい!!)
ちなみにジャンカも相当飲んでました。

家に帰ってから焼酎を探すジャンカ。彼は私以上にアル中毒です。
「ねー焼酎ないの?」でたでた、って事でいただきもののすだち酎を飲み干してました。
すだち酎を初めて飲みましたがおいしいですね。
まだ四国には足を踏み入れた事がないですが、
四国はおいしいもので溢れてるんだろーな、と確信してます。

讃岐うどんも大好きなジャンカは次回日本に帰国した際には四国に行きたいと言ってます。
私もうどん屋巡りしてみたいものです。

その一緒に飲みに行った私の大親友から昔教わった切り売りピザ屋を今日は紹介します。
ここはちなみにピザ屋ではなくパン屋です。
(でも名前からするとピザ屋のようですが、聞くと「うちはパン屋よ」と言い張ります!!)
とにかく何がおいしいって生地がおいしい。
具はシンプルなものばかり(ズッキーニだけとか、トマトだけなど)
切り売りピザ屋にはない、生地のおいしさを味わってほしいです。

その他にもドルチェもたくさんおいてあります。どれもこれもシンプルなものばかりだけれど、
ぜひぜひローマに来られた際にはお試しあれ。

ただレジに座っているおばあさんはかなり無愛想です。そんな事は気にせず、
さっさとお金を払ってピザを頬張りながら、ローマの街を散策しましょう!!

三越のあるNazionale通りをまっすぐに進み、左側の細い道に入った所にあります。
(分かりづらい??)

FANTASIA DEL FORNAIO
Via Venezia 11/13
TEL 064881324
b0076931_2324181.gif

[PR]

by outofservice | 2007-03-24 02:34 | ローマで食べること

冬到来!?   

2007年 03月 22日

ハッピータンのあの味をイタリア人に理解してもらえないモシモシです。
みなさんお元気ですか?

あの甘い + しょっぱいハッピータン、あれは日本人特有の味なんですかね!!
「甘いのかしょっぱいのかはっきりしない味」というジャンカに
「そこが良いんじゃん!」と言っても理解してもらえず。
全くワビサビの無い彼だ!!(あれ、ワビサビの使い方間違えてるかな?)

そんな事より、どうしたんでしょう、この天気。

昨日はローマに霰が降りました。今日も寒くて、せっかくしまった冬服をまた出して着ている
今日この頃です。日本はどうですか??


今日は一人アラブ料理を食べに行きました。日本ではほとんど食べないケバブも、
イタリアではパニーノよりも食べる回数の多いモシモシです。
ローマの街の至る所にあるケバブ屋さん。でもそのほとんどはピザが売ってたり、
(別にピザが売ってるからどうこうというわけではないですが、ピザはピザ屋。
ケバブはケバブ屋で食べたいモシモシです)
パスタがおいてある所もあります!?

しかしここのアラブ料理屋さんは本当にアラブ料理のみです。
ケバブの他にもクスクスのサラダや、ナスのペーストなど、
とにかくイタリア料理にうんざり!?した時にお勧めです。
しかも注文はそこに並んでいるものを指差しでOK。
「これ、これ」なんて言いながらいつも指差し注文のモシモシです!

私は持ち帰りにして歩きながら食べる時はケバブ
中で座って食べる時にはピアット(お皿という意味です)にしてもらいます。
ケバブの中身だけ(お肉と野菜)を食べるのです。
サルサ・ピカンテ(辛いソース)をかけてもらうと、最高です。

レストランの中はアラブ人だらけ、(もちろんイタリア人もいますが、
あきらかにアラブ人の方が多い)少し雰囲気が独特です。
でも大丈夫。堂々としていれば。彼らはただジロジロ見るだけです!?

ちなみにサンタマリア・マッジョーレの近くです。

Shawarma Station
Via Merulana271
Tel 064881216
[PR]

by outofservice | 2007-03-22 03:50 | ローマで食べること

甘い香り   

2007年 03月 17日

今日から新しい香りのモシモシ!?です。みなさんお元気ですか?

今日はジャンカに香水を買ってもらいました。
私は香水が大好きです。いつも思うのですが、香水は人によって香りが変わりますよね。
ジャンカはとても強い香りが好きで、またこれが彼にあっているというか、
さわやかな香りよりも濃い甘い香りが彼には良く合います。
私も濃い香りが好きなのに、どうも合わないというかその香りに負けてしまう気がします。
正直時々自分の香りに酔ったりします!!
そんな私にジャンカが選んでくれた香水はこれまた甘い、本当にお菓子のような
甘い香りのする香水でした。

ローマで甘い香りがしたら、モシモシがそこら辺にいると思っていただいて
間違いありません!!

さて話は変わりますが、久々に散歩をしていたら街中の観光客の数の多さに驚きました。
トレビの泉に行ってビックリ。歩くのも一苦労でした。
気づけばもうすぐ4月。イースターもそろそろやってきます。今年のイースターは4月8日です。一年で一番観光客がローマを訪れる日ではないでしょうか。もちろん一番混むのはバチカン。そしてバチカン博物館。(イースターと次の月曜日はお休みです)
2時間待ちは当たり前の季節がやってきます。

2時間も待ちたくない、という人に耳寄りの情報を今日ゲストから教えてもらいました。

実はバチカン博物館予約ができるんです!!(私は今日まで知りませんでした)
予約にはチケット代混みで23ユーロかかります。(本来のチケットの料金は12ユーロです)
これを高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれだと思いますが。更に入場できる時間が8:15と9:30だけだったり、日にちにも色々と規定があるようですが、
もしローマでの時間があまりない人にはお勧めです。
予約はこちらから↓

http://www.rome-museum.com/
b0076931_9114944.gif

b0076931_9113129.jpg

[PR]

by outofservice | 2007-03-17 09:11 | イタリアのこと

ニーハオ マー   

2007年 03月 14日

もしかしたら花粉症?のモシモシです。みなさんお元気ですか?

なんだか最近鼻がむずむずします。気のせいにしてるけど、
とうとうここに来て私も花粉症デビューかしら?

さて昨日どーしても食べたくなって餃子を作りました。もちろんここではちょっとスーパーに行って、餃子の皮を買って、なんて事はあったら良いけど、もちろんありません。

って事で皮から手作り。粉ものをこねたりするのってなんであんなに楽しいんでしょうね?
童心に戻るというか、ジャンカがいなかったからいいものの、一人でニヤニヤしながら、
こねてました。(怪しい??)

そして具をつめる作業。最初のうちは皮が分厚くなったり、形もまばらだったけど、
30個を超える頃からなんとなく要領も覚え、最終的には80個作りました。

具は豚挽き肉とキャベツとねぎ。それにしょうがを加えて、ニンニクはいれませんでした。
さっぱりしてこの方が私は好きです。皮も市販の物よりもモチっとしていて、
大満足の私でした。

早速焼き餃子と、蒸餃子と、水餃子を作りました。
(というのもあまりにも餃子作りに夢中になって、餃子しかなかったのです)

「いやー、おいしいねこのラビオリ
「これね、餃子って言うんだよ。」
「へー、そうなんだ。とにかく本当においしよ、このラ・ビ・オ・リ
「......」
b0076931_3512187.jpg

せっかっく皮から作った本格餃子が...

イタリア人は餃子の事をラビオリと呼びます。
確かに同じような物だけど、なんだか雰囲気が台無し。

私的には焼き餃子が一番おいしかったです。ジャンカは水餃子らしいです。
また近いうちに作ることにします。次はシュウマイかな!!

イタリアにはチャイニーズレストランがイタリアンレストランと同じ数位?あります。
それ位至る所にあります。
値段も安く、私達もたまに利用しています。
マーボー豆腐がトマト味だったり、焼きそばにズッキーニが入ってたり、
イタリア風中華料理ですが、イタリアに来た記念にぜひ中華も試してみてはいかがでしょうか?
b0076931_348668.gif

[PR]

by outofservice | 2007-03-14 03:48 | モシモシとジャンカのこと

喧嘩の原因   

2007年 03月 11日

ただいまジャンカと喧嘩中のモシモシです。みなさんお元気ですか?

喧嘩の原因はいつもくだらないけれど、私達の本当の奥底にある分かり合えない部分は育ってきた環境の違いだと思います。

私には兄弟が二人います。ジャンカルロは一人っ子です。

違いその1. 一人っ子は一人でいるのが基本なので、誰かと一緒にいる事がストレスになります。兄弟がいる人は誰かがいつも一緒にいるのが基本なので、それはたいしてストレスにはなりません。
違いその2. さらに一人っ子は人と物をシェアするのが得意ではありません。なぜならいつも彼一人のものだからです。兄弟がいる人はお菓子だっておもちゃだっていつも誰かとシェアして育ってきているので、シェアするのがそれほど苦ではありません。

その他にも違いはありますが、そういう基本中の基本が違います。小さな事で喧嘩になってしまうのは、自分が普通だと思っている事が相手の中で全くもって異常に映ってしまうからだと思います。もちろんイタリアと日本という違いもあるけれど、それ以上に私達は育ってきた環境の違いが大きいなあ、といつもひしひしと感じています。

ま、そんなこんなで憂さ晴らしに、友達と映画に行ってきました。
「硫黄島からの手紙」
内容についてはあまりふれませんが、私は戦争は(喧嘩も一緒)相手を認めない、というのが原因だと思っています。みんな違うのに、それは素晴らしい事なのに、時にストレスになります。前にも書いたとおり、普通だと思ってる事が相手にとっては普通ではない、それもストレスです。相手を、その違いをリスペクトすれば、戦争も(喧嘩もですね、はい)起きないはずなのになあ。と思いました。

あまりにも小さい映画館でガラガラだったのにもかかわらず、前の方に座ってしまって少し酔ってしまったけれど、全てを日本語で、イタリア語の吹き替えなしで見れた事に感動でした。(イタリアでの映画はほぼイタリア語に吹き替えです)

みなさんもう見ましたか?
b0076931_20404624.gif

[PR]

by outofservice | 2007-03-11 20:31 | モシモシとジャンカのこと

たまにはね...   

2007年 03月 08日

サッカーには全く興味のないモシモシです。みなさんお元気ですか?

たった今ACミラン vs セルティックFCの試合が終わりました。

セルティックin スコットランドには中村俊輔選手がいます。

おとといはサッカーの番組でシュンスケ特集が行われていたほど
彼は今イタリアでは注目されています。

シュンスケ選手がイタリアに4年いたときは(レッジーナ在籍)
名前さえ覚えてもらえない選手だったのにもかかわらず、
彼はスコットランドに行き、随分と成長したもんだ、とか言われていました。

とにかくみんな大絶賛。なんだかシュンスケ選手の事をあまり知らない
私でさえもうれしくなるような発言ばかり。

今夜の結果は残念ながらセルッティックFCは負けてしまったけど、
セルティックの最後のチャンスの時にシュンスケ選手は既に交代していなかったのが
ミランの不幸中の幸い、まで言わしめたシュンスケ選手を
私はここイタリアでとっても誇りに感じた夜でした。

シュンスケ選手がイタリアにいたとき、彼はあまり幸せそうではなかった気がします。
中田英寿選手がイタリアにどんどんなじんでいったのに対し、
シュンスケ選手はむしろどんどんイタリア嫌いになっているような印象をうけました
(これは全て私の個人的な意見ですが)

そんな彼が今こんなにもイタリアで絶賛されている事に、私は尚更うれしく思います。

サッカーに興味のないジャンカも、
「彼は日本人でイタリアに来て、スコットランドに行った。なんだか他人とは思えない」
(ジャンカは昔4年ほどスコットランドに住んでいました)
なーんておっしゃっていました。

セルティックは負けてしまったけど、今日はいい夢が見れそうです。
おやすみなさい。


追伸

カテゴリを追加しました。ボーノ・イタリアでは
私モシモシおすすめのレストランを紹介していきたいと思います。
b0076931_8342073.gif

[PR]

by outofservice | 2007-03-08 08:25 | イタリアのこと

変わらないで欲しいもの   

2007年 03月 04日

久々の天気にうれしいモシモシです。みなさんお元気ですか?

ここのところずっと暖かいのに天気が悪かったので、ジャンカは「ここが痛い」だの
「あそこが痛い」だの文句ばかり言っていたのですが、今日はなんだかニコニコです(単純)

前回の日記に「イタリアのドルチェには飽きた」と書いたばかりですが、
一つお勧めのドルチェ in ローマを忘れていました。

なんでここでお勧めしてなかったんだろー、と思う位私のお勧めドルチェ。

その名も「スペシャル・ドルチェ」

またベタだなー、と思った方。でも本当にその通りスペシャルに美味なんです。

ここのドルチェを私が発見したときはまだ小さく、いつもイタリア人のサラリーマン達で混んでいて、食べる時に隣の人とひじがあたってしまう位狭いレストランでした。

メニューはパスタ3種(日替わり)、メイン3種(日替わり)、そしてこのデザートのみ。メニューも持ってこないで、口頭で「今日はこれとこれだけど、どれにするの?」なんて感じ。

さらにさらに、ここの厨房はマンマがしきっているのですが、そのマンマが食べているみんなに挨拶にくるのです。お客同士も通り過ぎるのに、「失礼」って言いながら通らなきゃいけない程狭いのに、そのマンマは普通の2倍の大きさ!!チッチョーナ。

でもみんなマンマが通るとき、暗黙の了解のようにサッと椅子を引いていたのが印象的でした。時々私達みたいな観光客がマンマが来た事も知らずに、椅子を引かないと、そこら辺にいるお客達が「早く、早く」みたいな感じで急かし、当のマンマはニコニコ笑って立っていました

その姿はまさしくゴッドマザーでした。

そんなレストランも今では大きくなり、メニューも決まったものしかなくなり、(昼間は日替わりでやっているようですが)本当はちょっと残念な感じになってしまったのです。
マンマも時々挨拶に外に出てくるけど、今では椅子を引く必要も無い程広いレストラン。あんなに大きかった、マンマが小さく見えるようになりました。

でもとにかくこのドルチェだけは健在。このドルチェに使われているクリームは他では食べた事がありません。そしてイチゴソースとチョコソースがあるのですが、MIXなんてのもやってくれて私はいつもこれ。

それとパスタは自家製。まさに讃岐うどんにも負けぬこしの強さ、食べるのに疲れるほどです。でもパスタの味がこんなにするパスタはここで初めて知りました。ソースもラグーなど味の濃いものですが、それにも負けない濃い味のするパスタです。

お昼時にコロッセオの近くにお寄りの方は是非是非行ってみて下さい。そしてデザートを食べるスペースも胃袋に残しておいて下さいね!!

LE NAUMACHIE
Via Celimontana 7
Tel 06 7002764
www.lenaumachie.com

b0076931_2184261.gif

[PR]

by outofservice | 2007-03-04 20:55 | ローマで食べること

メルシー・ボク   

2007年 03月 01日

よく考えたら日本から帰ってきて一度もワインを飲んでないモシモシです。
みなさんお元気ですか?

酒飲みの私にしては珍しくお酒を欲しない日々です。
その代わりと言ってはなんですが、ドルチェ(甘いもの)を食べまくってます。
日本の友達にもらったおいしい抹茶味のお菓子を一日一個と決めたはずなのに、
気づけばあと1個。それの代わりを見つけるべく、
ドルチェを探しにせっせと街にでております。

そして前から気になっていたお店に初めて入りました。
スペイン広場から歩くこと5分。フェラーリのお店の近くです。

なんとなくフランスな感じ。昼時だったので、そこでランチをする事にしました。
地下に通されたら、昼時のせいかすごい人。
メニューの中にクレープなんてあるあたりおフランスな感じでしょ。
でも私の中ではメインは1階のカフェにあるドルチェだったので、軽めにサラダにしました。

そしたらサラダの大きいこと、大きいこと。
そのサラダとパンで十分おなかいっぱいに。
それでもお会計をして、上に上がり、ドルチェを注文。

そこにはフォンダンショコラ
(中からチョコがトローってでるチョコケーキ?)があり、
前から目をつけていたのです。

普通のチョコとピスタチオチョコのフォンダンショコラ。
それがまた苦いコーヒーと相性バツグン。
私はフランスには一度も行った事がないのですが、
きっとフランスのドルチェはおいしいんだろーな。
最近イタリアのドルチェに飽きてきた私にとって、
おフランスのドルチェはとても新鮮でした。

一緒に行ったイタリア人の友達は
「モシモシよく食べるねー。私はドルチェは食べられない」
なんてイタリア人の風上にもおけないような発言をしていました。
(でもその後ちゃーんと完食してたところがなんともイタリア人らしくよろしい)

日本で3キロ太ってしまったモシモシですが、
イタリアに戻り更に増える事間違いなし。

La BaguetteVia P.Tomacelli,22/24/25
TEL 0668801557

www.labaguette.it

b0076931_23374236.gif

[PR]

by outofservice | 2007-03-01 23:35 | ローマで甘いもののこと